top of page
検索

WORKS-2022

2022年は吉本興業創業110周年記念事業、『なんばグランド花月の美観プロジェクト』、阪急百貨店うめだ本店、クリスマス・ショウウィンドウ『 MEET the WONDER CHRISTMAS 「不思議の国のアリス」』の他にもいくつかのプロジェクトに関わらせて頂きました。


林野庁『Woodchange』の映像のキャラクター・ウッチェくんを制作しました。


東京造形時代の超優秀な同級生(当時はグラフィックデザイン科アドバタイジングに所属しておりました)だった山本伸明さんにお声がけ頂き、懐かしく嬉しくな気持ちでプロジェクトに参加させて頂きました。


ショートバージョンもあるようですが、是非3分42秒のフルバージョンでご覧頂ければ!





チェコ政府観光局マスコット・レフ丸くんを制作しました。

チェコフェステバル等のチェコ関連のイベントに登場してくれているみたいです!



ブルノ・Barka劇場にて10月10日に初演がありました『ヘレンケラー』の人形を制作しました。




ベルリン国立オペラ劇場にて初演がありました『MITRIDATE, RE DI PONTO』の仮面等を、衣装デザイナーの高橋佳代さんのデザインを元に制作致しました。初演はコロナの影響で延期となりましたが、今年ついに、ベルリンで上演されたようです!





1968年から活動し続けているチェコのロックバンド "Progres 2"のミュージックビデオ『Paní Óm(オーム夫人)』に出演しました。



ミュージックビデオ出演をオファーしてくれた、Ptogres2のドラマーZdeněk Klukaさんは、チェコの人形劇現場で演出家 Zoja Mikotová さんの作品を何本も一緒に制作しているチームのような方(その際は作曲家)です。


最初に出演の話を頂いた際は、人形を必要としていると思い、自分が出演するなんて思ってもおりませんでした。「何がどうして、こうなった?」と驚かれる方が沢山いるかと思いますが、いつか出演秘話を漫画に出来たらななんて思っております。






川本喜八郎美術館15周年特別展『日本とチェコをめぐる夢物語-くるみ割り人形から見る世界-』7月30日から10月10日まで開催されました。


当美術館が開館して15年、私自身もチェコへ移住してから15年経ちます。偶然的な期間の一致ですが、記念すべき年に展覧会ができて嬉しく思います。また、チェコで学んだ日本人の大大大先輩である川本喜八郎さんの美術館で展覧会が出来る事が何より嬉しく思います。




最後に、大阪GALERIE CENTENNIALにて「佐久間奏多 林由未 二人展『Vánoční sen(ヴァーノチュニー セン)―クリスマスの夢―』」展を開催いたしまいた。久しぶりのギャラリーでの展覧会でした。

普段、海外に生活していること、日本でのベースが関西にないことなどから本展覧会を開催するまでに、ギャラリー14th moonにて同時展覧会開催していたちりめん細工作家の堀結美子さん、ギャリーオーナーの伊部寿多さんには多大なるご尽力を賜りました。 初めての関西での展示でしたが、阪急百貨店うめだ本店でのクリスマスウィンドウや堺で開催されているチェコフェスを通して、沢山のお客さまに来て頂けました。とても励みになりました。また、遠方から嬉しすぎる友人達にも会う事ができました。

普段は本当に驚くほどに引きこもった地味な製作オンリーな生活をしておりますが、沢山の方々に会えてエナジーを充電できました。お越し頂きました皆様(在廊でない日にお越しくださいまいた方々、本当に申し訳ございませんでした)ありがとうございました!!!






留言


留言功能已關閉。
bottom of page